QLOOKアクセス解析

彼女と互いのオナニーを見せ合う相互オナニーで燃えました - 男の性体験告白Blog

男性のセックス体験告白集

男性のセックス体験談
当サイトは女性のセックス体験告白集「女性の性体験告白blog」の
男性版です。こちらでは男性の皆様から寄せられた生々しいセックス
体験談を掲載報告しております。       「 → 全記事一覧 ]
★ 更新情報 9月2日(火) 新記事を掲載しました。

彼女と互いのオナニーを見せ合う相互オナニーで燃えました

健人(仮名) 大学生 20歳 

高校時代の悪友のAが、先日、こんな話をしてくれました。

「彼女とこの前、一緒にオナニーしたんだけど、すげえよかったよ。お前もやってみろよ。」

互いに下半身だけ剥きだしにして、双方、向かい合って、それぞれのオナニーを見せ合ったということでした。

彼は女子に人気の高いミッション系の大学に行ってて、彼女も同じ大学の子でした。

僕も会ったことがありますが、顔は南沢奈央に似ていて、とてもそんなことをするようなタイプには見えなかったので驚いたと同時に、その姿を思い描くだけで妙に興奮しました。

「俺の方はだめだろうなぁ。なんせ、あいつはプライドが高いし・・・。」

スマホでそんな会話をした後日、僕の彼女に、そのエピソードを話して、反応を見てみました。

「あっは!健人のその友達カップルって、変態なんじゃないの?」

案の定、予想した通りの答えが返ってきました。

僕の彼女は日本でも5本の指に入る(5本の指が入るではありません)有名女子大に行ってて、出身高校もかなりレベルの高い学校で、猥談もあまり好まない方でした。

セックスは普通にしている関係ですが、単刀直入に俺たちもしてみようか、なんてことは言えませんでした。

しかし、トライしてみる価値はあるかと思いました。

「まぁ、そう言うなよ。あいつはいい奴だし。それに男ってのは、どんな奴でも、自分でシコシコするわけだし。女の子がみんな赤いものが出るのと一緒で、男は白いものが出る。紅白じゃないけど。それに男はしないと死んでしまうんだよ。」

「へえ、そうなんだ・・・。健人もそうなの・・・?」

「俺か、俺もまぁ、そうだな、中学の時からシコシコしてたな。」

「シコシコ?」

「夜、こっそりとシコシコと自分の物を掴んで擦りまくるんだ。それで気持ちよくなって出る時にティッシュを構えて、ピュッ、ピュって出してね。」

彼女は興味津々の表情になっていました。

「で、終わった後は、ちょっとぐったりして、面倒だから、拭いたティッシュの塊をテキトーにベッドの下にそのまま放っておいたら、部屋がイカ臭くなってな。自分じゃ、鼻がなれてるから、そのイカ臭さは気づかないんだけど、朝、おふくろが起こしに来ると、たいてい部屋がクサイって言ってた。それで、ある日、学校から帰ってきたら、部屋が綺麗に掃除されてて、大量に溜まってたティッシュゴミもなくなってたことがあるんだ。おふくろが捨てたんだなって、その時はあせったなぁ・・・。おまけに、朝食の時、あくびしてたら『生あくびばっかりして・・・何やってんだか』ってチクリと言われた。完全にバレてたなぁ・・・。」

「そういうのってさ、やっぱりいやらしいこと考えながらするの?」

「まぁ、そうだね。最初の頃はそうだったけど、中3ぐらいの時や高校の時は、マニアの友達がPCのその手の画像サイトで無●正画像をDLして、プリントアウトしたのをもらったりして、それみながらしたなぁ。」

「どんなの?」

「そりゃ、女の子のアソコが丸だしのやつだよ。」

「そ、そうなの・・・!?」

「ま、それが高じて、たまには動画も観たりしたけど。男は3日でパンパンに溜まるから、どうしても出せと脳が命令するようになってんだろうね。」

「ふーん・・・。」

僕の話で、彼女はだんだん猥褻な表情に変わってきていました。

「ねぇ・・・今はどうしてんの?」

「え?」

「私というものがありながら、そんなものを見てしてんの?」

「んなことはないよ。」

「本当かなぁ・・・」

ここで僕はハタと思いつきました。

「じゃ、今、して見せようか?」

「い、いいよ、そんな。」

僕はジッパーからビンビンになったモノを取り出しました。

「こうするんだよ。」

僕は彼女の目の前で自分の物をシコシコとシゴキ始めました。

「お前も自分でしてみてよ・・・。」

「私はそんなことしたことないから!」

「じゃ、パンツの上から自分で触ってみて・・・。」

「ええ・・・?」

彼女は脚をくずして座ってましたが、僕はそのスカートから出ている太腿あたりをみながらジゴキ続けました。

「大丈夫、パンツの上から、ちょっと触って見せてくれるだけでいいから。」

僕は彼女の顔のすぐそばでシゴキ続けましたから、彼女はいやらしい気分になっていたはずです。

「・・・。」

「少し股をひろげて。」

「こ、こう・・・?」

「そうそう、そのまま指で触って。」

人差し指、中指、薬指の3本の指を揃えて、上手にクリトリスの周辺を輪を描くような動きでした。

「あ・・・・」

そんなことしたことないと言っていた割には巧みな指使いでした。

(やっぱり、こいつもオナニーはしてるな)と思いました。

僕はわざと、ものすごい速さでシゴイて見せると、彼女の指の動きも早くなりました。

僕は自分の物を彼女の顔にくっつくほどの近さで続けましたが、ここまででした。

「もう我慢できない・・・!」

僕は彼女を押し倒し、パンツの脇をずらして、ズブッと入りました。

「あぁっ!」

そこは、愛液がもう溢れ出ていました。

僕はめちゃくちゃな速さで彼女を突きながら聞きました。

「お前もいつもしてるんだろ・・・本当のことを言ってみろ」

「え・・・いつもじゃない・・・たまにだけ・・・。あ・・・ああっ・・・パンツ脱ぎたい・・・。」

たまにではなく、本当は頻繁にしてるんだろと思いました。

それから、ちゃんとゴムを着けてパンツも脱がせて、入りました。

彼女もいつもより燃えているようでした。

ものすごく興奮し、二人共、激しくイキました。

終わった後、彼女が言いました。

「ねぇ、自分でする時は、私のことを思いながらしてよ。他のこと考えながらしちゃ嫌だからね・・・。」

「もちろん、お前のオ●●コを思い出しながらしてるよ。」

「もういやっ、そんな言い方・・・!バカ・・・。」

「お前も俺のチ●●を思い出してしてるんだろ?」

彼女は何も言わず、一瞬、ニッと笑いました。

そして、また立ってきたので、彼女の中にズブっと入りました。

→ 男性の性体験告白人気Blogランキング  → FC2 性体験BlogRanking

Ads
ヴァルデグス www.vardegs.com
本体だけでなく亀頭部分の大幅成長、増大により破壊的な存在感に。

ピストンブレイク www.pistonbreak.com
飲むと腰がくだけるほどの快感で射精量も増えるオナニー用サプリメント。

コブラゴールド koburagold.com
コブラのようなペニスに。売切れ続出の精力増強も兼ねた陰茎増大サプリ。

ペニスで女性をイカせる方法 AV女優北条麻妃の絶頂ピストンメソッド

悪魔の手引書
悪魔の手引書
男性ならどなたでも出来るだけ多くの綺麗な女性とSEXしたい、そんな願望をお持ちだと思います。これは女性を瞬間であなたの「もの」にする悪魔のトリック、女性が絶対に逃れる事が出来ない罠、恋愛初心者でも恋愛の悪魔になってしまうノウハウです。→ 悪魔の手引書

女性の性欲を20倍にする神の性戯
女性の性欲を20倍にする神の性戯
あなたが欲しい・・・女性が心の底からそう望み、あなたの全てを絞りつくすほどの激しいSEXで激しいオーガズムに達し、あなた以外では満足出来ない身体になってしまう・・・。 このノウハウはもそんな女性のオーガズム増強方法です。→ 女性の性欲を20倍にする神の性戯


マッサージ師:高橋実が教える動画教材
→ マッサージ師:高橋実が教えるセックステクニック

男のセックス体験告白集 過去記事 (新着順10件)  [→ 全記事一覧]
| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバック

投稿募集

【あなたの体験談をお寄せ下さい】
男性の皆様からのご自身の性体験談を募集しています。
その際、当方で文章の書き替え、編集をさせていただくこともありますので、
その旨、ご理解下さいませ。
メアド
★マークを@マークに変更して下さい。

当ブログはリンクフリーです。
皆さまのウェブサイト、ブログ、SNSにご自由にリンクしていただければ幸いです。
当ブログのURLは、日本語サブ・ドメインですので、以下のリンクソースをコピー&ペイストしてお使い下さい。
<a href="http://xn--tqq032ba086sde6b.seesaa.net/">男の性体験告白blog</a>

尚、記事本文の著作権は私、ドクタークラリスに帰属します。
記事のコピー、転載は固くお断りします。

Copyright © since2014 男の性体験告白Blog All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。