QLOOKアクセス解析

アソコが激臭で舐めることができなかったイベコンの女子大生。 - 男の性体験告白Blog

男性のセックス体験告白集

男性のセックス体験談
当サイトは女性のセックス体験告白集「女性の性体験告白blog」の
男性版です。こちらでは男性の皆様から寄せられた生々しいセックス
体験談を掲載報告しております。       「 → 全記事一覧 ]
★ 更新情報 9月2日(火) 新記事を掲載しました。

アソコが激臭で舐めることができなかったイベコンの女子大生。

一哉(仮名) 25歳 会社員 

けっして人に自慢できることではありませんが、僕は女の子のアソコを舐めるのが大好きです。

舐めてる時の恥ずかしそうな顔を見るのも好きですし、そこに吸い寄せられるように舐めてしまうんですよね。

過去の経験においても、だいたい初対面で、その日の即エッチの子でも舐めたものです。

それまではたぶん、僕もラッキーだったのかもしれません。

それは、ニオイのきつい子に当たったことがなかったからです。

もちろん、女の子も生身の人間ですから、その日の体調やケアの状態によっては、多少のニオイはあるものですが、それも僕にとっては、たしいたことではありませんでした。

あの時までは・・・。

僕の仕事はクライアントの商品のセールスプロモーションなんですが、仕事柄、プロモーションの時にやってくるイベントコンパニオンと接することが多いんです。

この3月の初めのことですが、あるコンパニオンの子と仲良くなって、二人で飲みに行くことができました。

その子は大学生のアルバイトで21歳でした。

背のスラっとしたスタイルのいい美人で、艶のあるサラサラのロングヘアも美しく、目を惹くタイプの子でした。

元来、ナンパの塊のような僕ですから、チャンスを逃すはずはありません。

飲みに誘った日は、下はミニスカートに黒タイツ、ブーツ姿で、まっすぐな形のいい脚にそそられました。

その夜、数件の店をはしごして、自分のワンルームに持ち帰ることができました。

部屋にあがった時のブーツを脱いだ黒タイツの脚がなんともなまめかしく、僕は早くもその中に包まれた彼女の秘部を想像していました。

3月上旬は暖かくなったり、また寒くなったりの日が多かったのですが、その夜はけっこう寒い夜でした。

彼女はけっこう酔っていたので、もう飲み直しはせず、洋楽を流して、ゆっくり会話を転がしました。

「割と長時間、立ちっぱなしが多いんで、脚がむくんだりするんですよ。」

「それはね、腰にもくるし、よくないな。ちょっと腰の状態をみてあげるよ。」

「えっ?どうするんですか?」

「ちょっとベッドにうつ伏せになってみて。僕はこう見えてもマッサージが得意なんだ。」

「そうなんですか?」

「実家の両親にもよくやってあげてさ、いつもそれで調子が良くなったもんさ。」

「ふーん・・・・。」

彼女は半信半疑だったようですが、僕の言う通りにベッドにうつ伏せになりました。

上着は脱いでいましたが、もちろん、あとの洋服は着たままでした。

僕はいやらしくないよう、ゆっくりと腰を揉みました。

「あはっ!くすぐったいけど気持ちいいですよ。」

「脚のむくみもとらないとね。」

僕は腰の次は黒タイツに包まれたふくらはぎを揉みました。

短いスカートの中も見えそうでした。

「あ、いい感じ!」

「だろ?」

そして、その後、背中を指圧し、また腰を揉んで、ついに臀部も揉んでみました。

「いやっ!くすぐったい!」

臀部を揉みながら、その真ん中、つまりお尻の間も揉むと「あ・・・」と声を漏らしました。

そこは局部でした。

僕はその反応で、よしと見て、彼女を仰向けにし、覆いかぶさりキスをしました。

彼女はうっとりした表情で、僕の舌を受け入れ、彼女の方も積極的に舌をからませてきました。

小鼻からハァハァという吐息が漏れ、完全にOKの状態でした。

僕は彼女の洋服を脱がせ、ブラも取りましたが、この時、嫌なニオイがしました。

それは彼女のワキのニオイでした。

脱がせた服のワキの部分は汗で湿っていました。

厚着していたし、お店もこの部屋の暖房もよくきいていたので暑かったのかもしれませんが。

気を取り直して、僕はスカートも取り、黒タイツを脱がせる時、彼女に見られないよう、こっそり足先のニオイも嗅いでみたのですが、そこも蒸れた酸っぱいニオイがしていました。

そしていよいよパンティを脱がせると・・・・。

そこは初めて嗅ぐ異臭がしていました。

小便臭さとは違うもので、よくあるチーズ臭いニオイでもなく、とにかく強烈な異臭、いや激臭でした。

もし、舐めたり、ニオイを吸い込むと窒息してしまうのではないかと思えるものでした。

顔の濃いタイプは体臭もきついと言いますが、彼女もそうなのかもしれないなと思いました。

おまけにパンティを脱がせる時に、その内側がチラっと見えたのですが、それはまぎれもなく、うっすら着いた筋ウンコでした。

美人に限って、こういう欠点はあるといいますが、彼女はまさにそのタイプでした。

女の子のアソコを舐めるのが大好きな僕も、その時ばかりは舐めることができませんでした。

「シャワーしようか・・・。」

「今日は朝してきたし、寒いから・・・」と彼女。

「だよね・・・。」

朝シャワーして、なんでパンツにウンコが着いてんだ、と思いましたが、舐めるのあきらめ、僕は挿入しました。

ニオイを我慢すれば、そこはよく濡れていて、かなりいい感じでした。

ただ、彼女の声が大きすぎて、いくら鉄筋コンクリートのマンションと言えど、隣から苦情がくるのではと思えるほどの声でした。

→ 男性の性体験告白人気Blogランキング  → FC2 性体験BlogRanking

Ads
コソアソープ www.cosoasoap.com
女性器の落ちにくいタンパク質汚れと嫌なニオイを落とす専用ソープ。

久保田式多汗症改善プログラム www.ernny.com
制汗剤や医療機関でも治らなかった多汗症が治り、体臭まで消してしまう!

平林式足の臭い改善術 ernny.com/ashinioi
何をやってもダメだった人が、あっさりと足の臭いを改善。

ペニスで女性をイカせる方法 AV女優北条麻妃の絶頂ピストンメソッド

悪魔の手引書
悪魔の手引書
男性ならどなたでも出来るだけ多くの綺麗な女性とSEXしたい、そんな願望をお持ちだと思います。これは女性を瞬間であなたの「もの」にする悪魔のトリック、女性が絶対に逃れる事が出来ない罠、恋愛初心者でも恋愛の悪魔になってしまうノウハウです。→ 悪魔の手引書

女性の性欲を20倍にする神の性戯
女性の性欲を20倍にする神の性戯
あなたが欲しい・・・女性が心の底からそう望み、あなたの全てを絞りつくすほどの激しいSEXで激しいオーガズムに達し、あなた以外では満足出来ない身体になってしまう・・・。 このノウハウはもそんな女性のオーガズム増強方法です。→ 女性の性欲を20倍にする神の性戯


マッサージ師:高橋実が教える動画教材
→ マッサージ師:高橋実が教えるセックステクニック

男のセックス体験告白集 過去記事 (新着順10件)  [→ 全記事一覧]
| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバック

投稿募集

【あなたの体験談をお寄せ下さい】
男性の皆様からのご自身の性体験談を募集しています。
その際、当方で文章の書き替え、編集をさせていただくこともありますので、
その旨、ご理解下さいませ。
メアド
★マークを@マークに変更して下さい。

当ブログはリンクフリーです。
皆さまのウェブサイト、ブログ、SNSにご自由にリンクしていただければ幸いです。
当ブログのURLは、日本語サブ・ドメインですので、以下のリンクソースをコピー&ペイストしてお使い下さい。
<a href="http://xn--tqq032ba086sde6b.seesaa.net/">男の性体験告白blog</a>

尚、記事本文の著作権は私、ドクタークラリスに帰属します。
記事のコピー、転載は固くお断りします。

Copyright © since2014 男の性体験告白Blog All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。